So-net無料ブログ作成
検索選択

市川海老蔵が病院Aを対して訴訟準備?小林麻央の治療費3000万を慶応義塾大学病院へ未納? [エンタメ]




このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的に移動します。

小林麻央さんの入院や治療を行った病院に対して、市川海老蔵さんが弁護士を通じて
訴訟の準備をしていることが分かりました。

2017年8月1日号の「女性自身」にて詳しく発表されるようですね。

市川海老蔵さんは、今回の入院や手術が間違っていたのではないかと
いうことで病院側に訴訟する構えを示しているということですね。

治療の中には「気孔」等信じがたいものをあり、冷静に考えると
明らかにおかしかったということですね。

では、その市川海老蔵が訴訟準備をしているという、病院Aとはどこなのでしょうか。
噂では慶応義塾大学病院となっていますが
その真相も見て行きましょう。

小林麻央さんの治療費の3000万円を現在未納にしており
そのまま未納へと決断しているようですね。

今回の話を詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク




市川海老蔵がいう病院Aとは?




市川海老蔵さんは、病院A側の治療方法や方針やが誤っていたのではないか
と不審に思っており、現在病院A側を訴訟する構えを示しているということです。

では病院Aとはどこなのか、一つずつ見て行きたいと思います。

小林麻央さんの乳がんが発覚したのは2014年2月。
人間ドッグを受けた際にしこりが発見されることとなります。

まず第一に向かったのは大きく話題になった
「虎ノ門病院検診」

そこでは判断されたのが
「今すぐには問題がない」
とのこと。

その後、時間をおいて再検査となったようですが
その再検査の時期8ヶ月と開いてしまい、すでに乳がんは脇のリンパ節にも転移していました。

すぐに担当医は早期の手術を勧めましたが、麻央さんは乳房の切除を嫌ったため
手術はできなかったようです。

そうして虎ノ門病院検診を後にした時から約一年半ほど
「気孔」などの非科学的な治療法を模索することになります。

しかし、小林麻央さんのがんの進行は止まらなかったようですね。


次に尋ねたのが
「聖路加国際病院」。

すでに小林麻央さんはやせ細りかなり危険な状態だったと言われています。

しかし、夫婦と医師とのコミュニケーションが上手く取れずに手術へ踏み切ることが出来ず
2人は聖路加国際病院を後にします。


最後に訪れたのが
「慶應義塾大学病院」。

慶應義塾大学病院は多くの有名人も通う有名な病院で
精神的なサポートもしっかりしていることでも信頼を寄せている病院なんだそうです!

慶應義塾大学病院では今まで拒んできた手術も受けることを決意して
今出来る最善の治療法を行ったといって言いました。

しかし、それでも小林麻央さんのがんの進行を止めることはできなかったようですね。




市川海老蔵が病院Aを対して訴訟準備?




スポンサードリンク


市川海老蔵が訴訟準備を行っているといわれている病院Aの候補は

・虎ノ門病院検診

・聖路加国際病院

・慶應義塾大学病院

となりますね。

その内虎ノ門病院検診は手術を推奨したが小林麻央さんが拒否。
聖路加国際病院も小林麻央さんと相性が悪く、拒否。

そうなれば病院Aとは慶應義塾大学病院の可能性が高いということが分かりますね!

市川海老蔵さんは慶應義塾大学病院に対して訴訟を準備しているのではないでしょうか。



市川海老蔵が小林麻央の治療費3000万を慶応義塾大学病院へ未納?




市川海老蔵さんが小林麻央さんの治療費としてかかった3000万円を未納しているようですね。
どうやらお金がないとかではなく、治療や方針に不審な点があることから未納となっているようです。

その未納となっているのが病院A、つまり慶應義塾大学病院というわけですね。
ここでようやく話が繋がりました!

慶應義塾大学病院の一日の入院費用は5万円と言われおり
そこからがんの治療や精神面のサポート、最先端医療の費用として
3000万円かかったと言われれて居ます。

市川海老蔵さんはそもそも初診から判断は正しかったのか、治療法は正しかったのか
等々の病院への疑問を多数持っており、それら全てを解決するまで戦うとのことです。

気孔にはまった一年半のせいで小林麻央さんのがんの進行を早めてしまったのか
病院側に落ち度があったのか

今後も市川海老蔵さんの動きに注目して行きたいと思います!

市川海老蔵の歴代浮気相手やかくしごは?小林麻央死去後は日置明子と再婚か?

小林麻耶が海老蔵宅へ入り浸っている?好きすぎて再婚狙いか?現在の2人の関係は?

小林麻央の葬儀告別式の場所や日程予定は?青山葬儀所にて準備中?
スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0