So-net無料ブログ作成

ペルセウス座流星群2017の極大時間や方角は?撮影方法やあると便利な物も紹介! [天文現象]




このページは新しいサイトへ移転しました。新しいサイトへ自動的に移動します。
三大流星群の一つと言われているペルセウス座流星群。

星座について詳しくない方でもペルセウス座流星群は知っている方が多いですよね。
デートなどでもロマンチックな雰囲気で人気となっています!

そんな毎年恒例のペルセウス座流星群。

2017年の極大時間(ピーク)は何時ごろになるのでしょうか。
また、方角も気になるところですよね!

上手く取れる撮影方やあると便利な物も併せて紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク




ペルセウス座流星群2017の極大時間は?




ペルセウス座流星群は、ペルセウス座γ(ガンマ)星付近を放射点として出現する流星群で
正式には

「ペルセウス座γ(ガンマ)流星群」

と言います。
「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」と並んで三大流星群の一つと言われています!

天文現象でも肉眼で見える物は少ない中で、肉眼でハッキリ見える
天文現象となっています!

特にペルセウス座流星群は三大流星群の中でも最大の流星群と言われており
1時間に30~60個と、数多くの流星が観測できます!

そんな素敵なペルセウス流星群
2017年の極大時間(ピーク)はというと

「2017年8月13日 日曜日 午前4時頃」

となっています!

2017年は日曜日となっており、しかもお盆真っ只中ということで
多少夜更かしして子共と一緒に見るのもいいかもしれないですね。

ペルセウス流星群は子共の自由研究にもおすすめです!
スケッチをとったり、何個流星が観測できたのか、なぜ流星群は発生するのか。

子共の探究心にも火が付きそうですね!

大人ではデートでもいいですよね!
車などで公園にいって二人で見てもかなりロマンチックです!

深夜なので車の運転には注意ですよ!


ペルセウス座流星群2017の方角は?




スポンサードリンク


午前4時が極大時間となるペルセウス流星群。
もう一つ大切なのが「見る方角」ですよね!

ペルセウス流星群をしっかり見るためにはどの方角を見ていれば良いのでしょうか!

どうやら2017年8月13日は月が下弦の月となり

「月明かりが明るい夜」

になりそうです。
ペルセウス流星群自体は広範囲に渡って発生するので見渡し良い場所であれば
どこかたでも観測可能ですがお勧めとしては

「月明かりが視界に入らない方角」

を見るというのがベストですね!



ペルセウス座流星群2017の撮影方法は?




美しくロマンチックなペルセウス流星群。
写真に収めたいと思う方も多いのは無いでしょうか。

しかし、スマホのカメラやデジカメではなかなかきれいに写らないですし
そもそも星が写らなかったりしますよね!

では、どのようにしたら流星群を撮影することが出来るのか
その撮影方法を見て行きましょう!

まず使うのは
「デジタル一眼レフカメラ」

流星群は広範囲に発生しますが、いまいち場所を判断できないので
24mmくらいの焦点が短い広角のレンズが良いでしょう。

まず、フォーカスの設定を
オートフォーカスからマニュアルフォーカスに設定します。

その後、ピントを無限遠に合わせます。

次にカメラ本体の設定。

まず、ISOの設定を400以上で設定します。

ここで注意なのが、あまりに設定数を上げすぎると
ノイズが入ってしまい画像が荒くなってしまうので
一度撮影してその日に合せた設定を行うのがお勧めです!


次にF値をできるだけ小さい値に設定します。

カメラごとにどこまで設定できるかが決まってくるので
お持ちのカメラの最小値にしましょう。
だいたい2.8~4くらいなのではないでしょうか!


流星は発生して時速キロという高速で駆け抜けていくので
できるだけシャッタースピードの速い設定にしましょう。

BULBなどがおすすめですね!


撮影はより多くの流星を撮影するために連続で行うので
撮影ごとの間隔が開いてしまうノイズリダクションはOFFに設定しておきましょう!


ホワイトバランスはオートでも大丈夫かと思います。

以上が設定となります。

その時の月の明るさやカメラごとの特性もあるので
全てがこの設定で上手く行く分けではないですが

この設定を基準に自分好みに合せてみてくださいね!


ペルセウス座流星群2017のあると便利な物も紹介!?




ペルセウス流星群を見るに当たってあると便利なものを紹介していきいと思います。

・上着

真夏ですが夜中になると冷え込みますので
上着があると安心して見る事ができます。

子共も楽しい夏休みとなるように風引かないように注意してあげたいですね!


・レジャーシート

ずっと空を見続けているとどうしても首が痛くなってしまいますよね。
できればレジャーシートを引いて横になってゆっくり流星群を観測したところです。


・虫除け対策

スプレータイプの物からシールタイプの物までありますよね!
やはり真夏なので蚊も多いので虫除け対策はしっかりしていきましょう!


・星図や星座早見盤

流星群のほかの星座も合せて楽しみましょう!


・ライト

夜中で周りは暗いので足元などを照らすためにライトを持っていきましょう。
赤いセロハンを被せると目にも優しいのでお勧めです!


以上となります。

そこまで多くのものは必要ないかなと思いますね。

深夜ということで寝ている方も多いので
人の家付近で騒いだり、立ち入り禁止の場所に入らないよう
マナーにも注意して流星群を楽しみましょう!

スポンサードリンク











コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。