So-net無料ブログ作成

REBECCA(レベッカ)2017年に再結成した経緯は?過去の活動休止の理由はなに? [エンタメ]

伝説のロックバンドと言われるREBECCA(レベッカ)。
楽曲「フレンズ」はいまでの歌い継がれるほど有名な曲となっていますよね!

他にも多くの名曲を生みだしています!

そんなREBECCA(レベッカ)ですが
1990年1月19日にて日本武道館で行われた
「BLOND SAURUSの逆襲」

最終公演を機会に、活動を休止。
その後解散しました。

過去の活動休止の理由は何だったのでしょうか?

2017年現在までも数回にわたり再結成をして来ましたが
正式には再結成となっていなかったようですね。

そんな中、2017年4月21日に約28年半振りとなる
全国ツアー「REBECCA LIVE TOUR 2017」を開催する事を発表!

その再結成となった経緯は何だったのでしょうか!?

スポンサードリンク




REBECCA(レベッカ)2017年に再結成した経緯は?




人気絶頂の中休止からの解散となってしまったレベッカ。

2017年に約28年半振りとなる全国ツアーを行うとして
大きな話題になっています!

なぜ再結成となったのでしょうか、その理由は?
気になるところですね!

レベッカ解散後にすぐにソロデビューとなった
「NOKKO」さん。

NOKKOさんは現在も音楽活動を続けており
多くの方々に音楽を届けています。

そうしてライブ活動を行う中で当時のレベッカのメンバーを
ライブゲストとして呼んで演奏を行ったようです。

その時のライブがNOKKOさんの中で
「これはいける!」

と思ったようですね。

再結成の経緯を語っているので見てみましょう。

ずっとひとりぼっちだと思っていた。


いつも宿題を抱えていて、いつも締切に追われていた。

REBECCAの活動を中途半端に終えてしまったという気持ちがあった。


REBECCAはずっと、触れてはいけないパンドラの箱だったけど時が経ち、心に余裕ができてきて、このパンドラの箱を開く勇気が湧いてきた。

そして勇気を出して開けてみたら


「パンドラの箱の中でREBECCAは、熟していた。」

もう、ひとりじゃないと気付いた。

夢がしぼみ、情報が氾濫している今の時代にREBECCA見直してみたい。


当時の曲を、今の自分たちで再現して、もう一度やってみたい。


NOKKOさんソロとして活動してきましたが
レベッカの時代にやり残したことがあったようですね。

そんな気持ちをずっと持ち続けていたようです。
メンバーと離れてはまた再会して、新たな発見ができたのでしょう!

再結成した後のツアーがとても楽しみですね!



REBECCA(レベッカ)の過去の活動休止の理由はなに?




スポンサードリンク


2017年に再結成となった伝説のロックバンド
「REBECCA(レベッカ)」

そもそもなぜ活動休止から解散となってしまったのでしょうか。

レベッカは1984年4月21日に

シングル「ウェラム・ボートクラブ」

によってデビューしています。

ロックバンドとして活躍していく中でFM音源シンセサイザーなどの新しい
音楽も取り入れていく新時代の音楽を作っていくことになります。

そうしてガチガチのロックバンドからポップな曲調へと変わっていきました。
そこで音楽性のすれ違いが生まれて

リーダーでギターの木暮武彦とドラムの小沼達也が脱退。

それを機会にヴォーカルで唯一の女性だったNOKKOさんをメインとして
音楽を作るようになります。

現在多くのバンドの形式の元となっています!

新たなバンドの形となったレベッカは4枚目のシングル「フレンズ」にて
大ヒットを記録して一躍有名なバンドになりました!

そんな人気絶頂の中、日本武道館で行われたコンサートツアーを
最後に活動休止、解散。

そうなってしまった理由としては


・売れるためだけにバンドをやっていた

・売れるという目的を果たしたため、バンドを継続する事に意味が分からなくなってしまった

とのことです。
自分たちがやりたい音楽を捨ててアメリカで流行っている音楽を取り入れ続けた
レベッカ。

ロックバンドとしては、やりたいことばかりではなかったのかもしれませんね。

ヴォーカルを務めていたNOKKOさんも疲れとプレッシャーで
パニック障害でうつ病に陥る寸前で限界だったようです。

NOKKOさんの頑張りすぎる性格と自分に嘘をついているのが苦しかったのでしょうね。

2017年に再結成となったレベッカ。
今度こそはレベッカの本当にやりたかった音楽で勝負してほしいですね!

もちろん、過去の名曲も楽しみです!

これからも新生レベッカを応援して行きましょう!
スポンサードリンク


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。